CBDオイルの購入オンライサイトMUKOOMI

Home / Blog

Blog — CBDオイル

RSS

自分を休ませる心のサプリ。CBDの効果でセルフケア上手に

ここ数年、インスタグラムのハッシュタグの中でも急上昇ワードとなっている「#selfcare(セルフケア)」。心身をリラックスさせるためにも、セルフケアの時間は大切です。今回は、このセルフケアタイムにCBDが有効な理由を解説します。

セルフケア、ちゃんとしてますか?

昨年からの新型コロナウイルスの影響もあり、特にこの一年はセルフケアに意識が高まった人は多いのではないでしょうか。 みなさんは、どれくらいセルフケアの時間をとっていますか?

ウェルネス系のアプリが急増し、自宅でフィットネスやワークアウトにいそしんだり、美容点滴やサプリメントを摂取したり、ヨガや瞑想レッスンを受けたりと、さまざまなアプローチで心身の健康を目指すセルフケアの方法が存在します。

どの方法でも、自分を愛でる時間を持つということが大切です。 そして、受け身ではなく意識的に時間をつくること。 どんなに忙しくても1日1時間はスマホを見ずに読書をする、アロマキャンドルを焚いてリラックスをする……など、自分にとって心地よい時間や空間に浸ってみてください。 そして、そのセルフケアタイムにぜひCBDをプラスしてみてほしいのです。

「なぜセルフケアにCBDが有効?」を改めて解説します

私たちの体内に備わるホメオスタシス(恒常性)調節機能は、老化や強いストレスなどで低下し、身体機能も衰えていきます。このホメオスタシス機能を活性化させるためには、バランスの取れた食事や睡眠のほか、リラックスすることで自律神経の副交感神経を優位にさせるのが効果的と言われています。

また、このホメオスタシスの維持には私たちの身体が備わっているエンド・カンナビノイド・システム(ECS)という身体調整機能が活性化することが大切です。

これは痛みや免疫の調整、感情制御などを行う機能で、このECSを正常な状態に保つにはカンナビノイドという神経伝達物質が有効だとされています。このカンナビノイドにCBDが直接的に働きかけ、ECS本来の働きを取り戻すことができると言われています。

つまり、CBDを取り入れることでECSが活発に働く→不安を緩和させて感情が安定してくる→副交感神経を優位にさせ、心身をリラックスした状態に導きやすくなる……ということです。

セルフケアに効果的なCBD摂取法

CBDの摂取方法には、舌下に垂らしたり、サプリメントで摂取したり、直接患部につけるなどがあります。 吸入の場合、CBDの効果は2~3時間と言われており、経口や舌下でのCBDの効果は、6時間程度と言われています。 そのため、少しでもCBDの効果を持続させたい場合は、経口や舌下でのCBD摂取がおすすめです。

舌下で摂取するCBDオイルの場合、1日2、3滴程度を舌の裏側に垂らします。その際1~2分程度、舌の裏側に留めるとよりCBDの摂取効率を高めることができます。 また、飲み物や食べ物に混ぜて摂取しても可能です。

その時、ぜひ一緒におこなってほしいのが深呼吸。深呼吸をすることで体がゆるみ、体内に効率的にCBDが取り込め、心地よい状態を作ることができます。

CBD日記でセルフマネジメントを

自分に合う〝スイートスポット〟(個人が効果を感じるために必要な理想的な量)の見つけ方に苦戦する方もいらっしゃると思います。 そんな方にMUKOOMIがおすすめしたいのが、「CBD日記」。

その日の体調とCBDを摂取した量、翌日の変化などを記録しておくと、自分に合うCBDの摂取量が見えてくるはず。ぜひ試してみてください。

まとめ

ストレスフルな時代においてニュートラルな状態をつくるためには、「自分をケアする習慣」を身につけてほしいと思います。 CBDを味方につけて、一日頑張った自分のことをたっぷりいたわってあげてくださいね。

ヘンプCBDオイルのご購入はこちらのページから

Thu, Mar 18, 21

MUKOOMIのCBDスキンセラムの嬉しい使い方

皆さんこんにちは。MUKOOMIのプリアンカです。 MUKOOMIのCBDスキンセラム の様々な使い方をご紹介したいなと思い、ブログ記事を書いています。

様々な肌トラブルにも繋がる「乾燥」はお肌の大敵ですよね! 私自身すごく乾燥肌で、保湿をサボるとすぐ粉をふきます。。。

身体の保湿ケアとしては、ボディバターやクリームをたくさんこれまでに使ってきましたが浸透しきっている気がしない商品が数多く、お風呂でワックスのように肌から浮いてきたり、時に爪の間に取れるのがとても違和感で、たどり着いたのがボディオイルでした。

身体と顔は肌質が異なりますが、MUKOOMIのCBDスキンセラム は全身に使えるように 調合師さんと打ち合わせを重ね天然オイルをたっぷりと配合しました。

MUKOOMIのCBDスキンセラムの嬉しい使い方

お風呂上りに乾燥が気になる箇所に

乾燥が特に気になるボディ箇所には、お風呂上がりにCBDスキンセラムを手に取り両手で温め、優しく肌を包み込むように塗るのがおすすめです。

 

ハイドレーティングフェイシャルトナーの前のブースターとして

また、顔のスキンケアではオイル美容液としてだけでなく、ハイドレーティングフェイシャルトナーの前のブースターとしてお使いいただくのもおすすめです。

乾燥が進みすぎると、化粧水は肌に入っていきにくくなることもあるんです! ブースターとしてオイルを使用することにより、次に入れ込んだトナーをオイルがキャッチし、保湿力が上がります。ぜひお試しください。

 

オイルパックとしても使える!

さらには、CBDスキンセラムをたっぷりお顔に塗ったまま湯船に浸かるオイルパックも好きな使い方です。

お風呂はサロンクオリティを発揮できる最高のおうちサロン空間です。お風呂に浸かると身体が温まり毛穴が開くことで毛穴に詰まった皮脂や汚れを浮かし、美容成分の浸透も良くなります。

またお風呂の蒸気がスチーム効果を発揮します。オイルのべたつきが気になる方も、このお風呂パックならべた付かずモチモチフワフワ肌を手に入れることができます。

洗顔後、顔の水分をタオルで優しくドライし、オイルを手にとり顔全体に塗ってください。塗る時にマッサージをすると、コリやむくみも解消されやすいです。パック時間は5分以上をおすすめします。

1本でボディ・ブースター・美容液・パックにも使えるMUKOOMIスキンセラム はギフトとしてもおすすめな商品です。

CBDスキンセラムのご購入はこちらのページから

 

成分は天然オイルのみで作られ、自然そのものです。

※詳しい成分の効果は下記を参考に

オリーブ果実油

主要成分であるオレイン酸(人の皮脂中にある不飽和脂肪酸と同じ)は、肌との親和性が高く、角質層からの水分蒸散を防止し、肌を柔軟にする作用があります。

そのため、角質のゴワツキ、小じわなどを抑制することが期待されます。

トコフェロール

血行促進作用が期待され、血色のいい肌づくりはもちろん、肌のターンオーバーを健全に導きクマやくすみの解消が期待できます。

また、ターンオーバーが健全に機能することを促すため、紫外線ダメージや乾燥などから肌を守る効果が期待されます。

ハナマス花油

ハマナスは原種のバラです。ハマナスの花にはビタミンCやポリフェノールの一種であるタンニンが豊富に含まれます。

ビタミンCにはコラーゲンの合成をスムーズにし、しわやたるみを防ぐ効果があり、さらにシミやそばかすなどの原因となるメラニン色素の沈着を防ぐことで、本来の透明感のある肌を維持してくれます。また、タンニンには肌を引き締める効果が期待できると言われています。

ビターオレンジ油

収れん作用、抗炎症作用、シワの改善が期待できると言われており、炎症を抑え、肌を引き締めてくれます。保湿にも優れている成分です。

ニオイテンジクアオイ花油

ニオイテンジクアオイ別名ゼラニウムは、その香りと働きの両面において、女性を魅了し、女性に役立つ特性を多く持つエッセンシャルオイル(精油)と言われております。

肌への作用は、皮膚炎、肌の引き締め、皮脂分泌のバランスをとる、乾燥肌、脂性肌、皮膚の回復、肌の血色をよくするなどがあります。

カンナビジオール (CBD)

CBDには抗酸化・抗炎症作用があり、ニキビなどの炎症が原因の皮膚炎に効果的であるといわれています。また鎮痛効果もあるため、ニキビが悪化し痛みが出ている場合にも効果的であると考えられます。

Thu, Mar 04, 21

毎日がハッピーになる! 深い眠りを誘う一日の過ごし方って?

前回のブログでは、良眠が美容のためにいかに大切かというお話をいたしました。

MUKOOMIのCBDプロダクトをご活用いただくことで、深い眠りに繋がるサポートができれば幸いですが、普段の生活の中でできる快眠メソッドを知っていれば、より眠りの質を高められるかもしれないですよね。

今回は、今日から始められる具体的な快眠実践法についてお話したいと思います。

今すぐできる、知っておきたい快眠に繋がる方法としては、以下のようなことが挙げられます。

1.朝起きたら太陽の光を浴びる

朝、太陽の光を浴びることで体内時計を正しくリセット。また、太陽の光は幸せホルモンといわれるセロトニンを分泌することに繋がります。朝セロトニンが分泌されることで、夜になると眠りに大切なメラトニンが分泌しやすくなり、眠気を誘ってくれるのです。朝食も、少しでも口にすることで、体内のリズムも整いやすくなります。

2.軽い運動を習慣化する

現代人の生活ではPCでの作業も多く、脳は疲れているのに身体が疲れてない……という人も多いのでは?運動の習慣が睡眠の質を改善することは、海外の研究でも確認されています。

運動をして身体が疲れることで寝付きがよくなり、夜中に目を覚ますことが減り、徐波睡眠(入眠直後に訪れる最も深いノンレム睡眠のこと)が増え、全体の睡眠時間が長くなります。

ただ、寝る直前に激しい運動をしてしまうと身体が興奮状態となり眠りを妨げることになるので、就寝3~4時間前までがベターです。

3.自分に合った寝具・寝間着選びを

寝返りが打ちやすいように、自分に合った枕や敷き布団を選びましょう。寝間着は吸水性・吸湿性がよく、肌触りのいいものを。部屋着と寝間着は分けることをおすすめします。

4.就寝2~3時間前に入浴する

ぬるめのお湯(40℃前後)でじっくり身体を温めることで体内深部の温度が高まり、お風呂上がりはぐっと体温が下がります。この変化により眠気が起こることに繋がります。あまり熱すぎるお湯に浸かるとかえって交感神経が刺激され、眠りが浅くなることもあるのでご注意を。

5.室温・光で心地よい時間をつくる

室内の温度が、暑すぎたり、寒すぎたりすると、体温調節がうまくいかず、寝つきが悪くなることもあります。 そのため、夏は室内の温度は、28℃位、湿度は50%~60%に保つと快適に眠れるでしょう。

なお、冬場は室内の温度を15℃~20℃にして、特に冬場は乾燥しやすいので、加湿器などを使って室内の湿度を調整するようにしましょう。

また明るさですが、明るすぎると眠りを誘うメラトニンが分泌されずに眠れにくくなってしまい、反対に真っ暗過ぎると、不安を感じたり、悪い夢を見るという報告もあるので、部屋の明るさは、間接照明を使ってほんのり明るくする程度にすると、眠りに良いとされています。

6.夜はなるべくリラックスできる環境をつくる

昼間の緊張モードから解放され、ゆったりリラックスすることが深い眠りへと導き、朝までの熟睡シナリオができ上がります。寝る前のスマホやPC作業は避けて、なるべくリラックスできるような環境を整えましょう。

まとめ

深い眠りに繋がる改善法をほんの少しですが、ご紹介してみました。

これらを見てわかる通り、良い眠りに大事なのは寝る前だけではありません。 日中と夜のメリハリをつけることが大切なのです。

寝る前にCBDプロダクトを取り入れる、ヨガをするなど自分が眠りに入りやすいルーティン=「入眠儀式」があると、深い眠りに入りやすいリズムがつくれるかもしれませんね。

おいしい睡眠〟をたっぷりして、心も身体も、肌も元気になって、よりハッピーな毎日を過ごしてください!

Thu, Jan 21, 21

A guide to taking CBD oil effectively

Today so many people across the world use CBD oil as a natural remedy to a multitude of different reasons, such as physical ailments, stress, and sleep. How, when how much CBD to take can be, at times, a confusing process to navigate. So to help you out, we've put together a guide to the most effective way to take MUKOOMI CBD oil.
Mon, Jun 08, 20

Recently Viewed